• Grey LinkedIn Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Google+ Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。お問い合わせinfo@mysite.co.jp

 ≪境外摂社ー書道・学問の神

       とう  ふう

小野道風神社(祭神・小野匠守道風命)

 西暦894年〜966年、平安中期の書家、小野篁の孫。父は太宰大弐をつとめた葛絃(くずお)。醍醐、朱雀、村上三朝に歴任。柳に飛び付く蛙の姿(当摂社の入口にはこの作り物が作られている)を見て発奮努力して、文筆の極地に達せられ、藤原佐理(すけまさ)、藤原行成(ゆきなり)と共に日本三大文筆、三蹟の一人として文筆の神として崇められている。

六十六歳の時に天徳詩語合の清書をして「能書之絶妙也、義之再生」と賞賛されている。祭神道風の書風はこれまでの中国の書風を離れ穏やかな整った和様、日本的な書の典型として長く後世まで尊ばれている。真跡として「屏風土代」「玉泉帖」などがある。

 また、祭神は菓子の体形を創造された事により匠守の称号を賜わられ、菓子業の功績者に匠、司の称号を授与する事を勅許されていた。匠、司の免許の授与は現在は絶えているが、老舗の屋号に匠、司が使用される事は現在もその名残として受け継がれてきている。匠、司の称号が祭神からでている事を鑑みても、遠く祖神が餈(しとぎ)をつくられた小野一族からの継承が窺える。

 小野神社の祭神が日本の文化、特に菓道、華道の創世発展に永い歴史の上において、如何に努力されてきたかを知ることができる。建物は旧国宝、現在重要文化財。

■摂社入口の蛙